スポンサーリンク

上茶谷&救援陣で見事完封リレー!佐野も期待に応える特大弾にタイムリーヒット!! 2009.7.2 阪神戦@横浜スタジアム【横浜DeNAベイスターズ観戦日記 GO for it! ベイスターズ!】

スポンサーリンク
ベイスターズ
スポンサーリンク

さあ、突然はじまりましたベイスターズ観戦日記です。

ベイスターズラブな管理人が独断と偏見だらけの試合評をのっけていきます!

スポンサーリンク

2009.7.2 DB 4-0 T @横浜スタジアム

はい、昨日は先発のルーキー上茶谷投手から見事な継投で苦手阪神にシャットアウト勝ちをいたしました!ナイスゲームでしたね!

昨日のオーダー評

  1. (8)神里
  2. (9)佐野
  3. (5)宮﨑
  4. (3)筒香
  5. (4)ソト
  6. (3)ロペス
  7. (2)伊藤光
  8. (6)大和
  9. (1)上茶谷

目新しいところは2番の佐野!
2番に強打者を入れて攻撃的なオーダーを組みたいラミレス監督。ここのところ2番にソトを入れていたりしたのですが、今日は佐野を入れてきました。
ソトを2番に入れると打ちに行くしかなくて攻撃のバリエーションは減るのですが、セリーグのホームランキングに数多く打順が回るという点ではプラスかと思います。
しかしソト2番だと6番以降の打線が薄くなるというマイナスもあるんですよねー。
その点、この日は2番に佐野を入れることによって5番にソト、6番にロペスが入ってきました。
7番8番は伊藤光と大和のコンビがなかなか渋い働きをしているので中軸から下位まで抜け目のない打線になったと思います。

ただ・・・ただですね、この打線だと守備が、、、
セカンドがソト、ライトが佐野なのでなかなかのファイアーフォーメーションとなってしまいました。基本的にラミレスは守備よりも打線重視なところがありますので、まあいつもことと言えばいつものことなのですが、、、
最近は投手力が先発を中心として非常に整備されてきているので、ディフェンスをもっと固めるのも手だと思います。というのも、ベイスターズの場合、つなげる、粘る、などチームバッティングができるバッターが非常に少ない(悲)ので、なかなか打線になりにくいという弱点があるんですね。それがベイスターズの得点力が弱い原因でもあると思うのですが、それならいっそ得点はこのさい低くてもいいからその分守備を固めて少ない点数を守りきる野球にシフトしてみるのも面白いかなと思っております。

試合評

さて、試合の方は見事なシャットアウト勝利!
まずは先発のルーキー上茶谷。本当に投げるたびに安定して素晴らしいピッチャーになってきています。

今年は序盤、いいピッチングをしてもなかなか勝てなかったのですが、ヤクルト戦で8回まで完封ペースまできた試合。結果土壇場の9回に4失点で完封とはならなかったのですが、見事その試合で初勝利を上げてから、ですね。もうトントン拍子で調子を上げてきています。
まず凄かったのがその完封を逃した翌週の試合。そこであっと言う間に先週のリベンジを果たす完封勝利!! いやあ素晴らしかった!
その後交流戦に突入後も強打のパリーグの中でも特に打線の強い西武、ソフトバンク、楽天相手にそれぞれ好投。これは実に自信になったのではないでしょうか。

そして迎えた昨日の阪神戦。これまた見事なピッチング。5回満塁のピンチもまさかの1イニング4奪三振で凌ぐ。次の6回にまた満塁のピンチを迎えて残念ながら降板となってしまいましたが、5回2/3イニングを見事無失点!真っすぐはマX145kmくらいでしょうか。特別速いわけではないのですが、切れの良いストレートをコーナーに投げ分ける。往年の三浦大輔を見ているかのようです。さらに変化球、カットボールやスライダー、フォークを低め低めに集め、満塁のピンチの場面では全て勝負球が低めにいい高さから落ちてバットが空を切ってましたね。キレ味抜群でした。

そしてそこからの継投も見事にハマりました。
まずは6回ツーアウト満塁の大ピンチで登場した石田健大。2球変化球でボールが続いてどうなることかと思いましたが、そこから見事修正。150km近いストレートがコーナーにビシバシ決まり、最後は伝家の宝刀のスライダーで見事バッターの木浪をセカンドゴロに打ち取りました。この場面が昨日のハイライトと言っても過言ではないでしょう。

昨日のMVP【石田健大】

はい、すみません、独断と偏見で昨日のMVPは石田投手に差し上げます!笑
もちろんホームランとタイムリーの佐野や先発の上茶谷もすばらしかったですが。

石田の後も三嶋、エスコバー、パットン、山﨑康晃の黄金リレー。三嶋、エスコバー、パットンは回の途中で交代という、これはCSか、日本シリーズかという細やかな継投。
ハマスタでの阪神戦はもうそれは地獄のような対戦成績でしたから、苦手意識払拭のためにもなりふり構わず勝ちにいった形になったのだと思います。実際そのくらいしないと終盤ひっくり返されかねない嫌なイメージが阪神に体してはありますから。昨日に限ってはこの必勝リレー、素晴らしかったと思います。起用に応えて無失点に抑えた全投手が素晴らしかったですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました